固定電話を見直す|3Dスキャナーを使えば計測の難しい部品の計測も楽になる
女性

3Dスキャナーを使えば計測の難しい部品の計測も楽になる

固定電話を見直す

固定電話

固定電話は、長らく消費者の連絡手段として活用されてきました。近年では、携帯電話やスマートフォンの普及に伴って、企業を中心に固定電話を使う機会がありますが、個人では携帯電話やスマートフォンを使うケースがほとんどとなっています。2003年頃からADSLやFTTHなどの固定タイプのネット回線を販売する時に、IPフォンをセット販売し、徐々にIPフォンが普及するようになってきています。IPフォンは、インターネットの回線を使って通話が出来る電話ですので、ネットと電話の料金を一体化でき、クリアな音声で通話が出来るメリットがあります。2005年頃からは、スマートフォンでIPフォンを応用した無料通話アプリが普及し始め、個人レベルでもよく利用されるようになっています。

スマートフォンなどが一般的に広まっていますが、企業では固定回線が重要です。取引先や顧客からの問い合わせの時に固定電話がありますと、取引先や顧客の信用を確保出来るからです。IPフォンは、インターネット回線を導入すれば、容易に導入する事が出来るサービスです。クリアな音声を実現出来ますので、企業のイメージアップにも繋がります。今後は、企業や世帯の固定回線として従来の固定電話サービスとの置き換わりが進んできます。プロバイダや回線事業者ではオプションとしてIPフォンを用意していますので、導入がしやすいというメリットがあります。スマートフォンなど個人が使う電話ではなく、家や仕事で使う電話として、より一層IPフォンは活用されていきます。