インクの違い|3Dスキャナーを使えば計測の難しい部品の計測も楽になる
女性

3Dスキャナーを使えば計測の難しい部品の計測も楽になる

インクの違い

インク

ロープライスが光る互換インク

互換インクと純正インクの値段の差をご存知でしょうか。「互換インクは安い」「純正インクは高い」という、ごくごく曖昧な知識しかない…そんな方も多いのではないかと思います。実は、互換インクは純正インクの価格の1/8〜1/10。なんと半額以下であることが圧倒的に多いです。特にプリンター業界を席巻している会社の互換インクはその価格の安さが目立ちます。これはそれらの会社の純正インクが高級であることから、比較で安く感じるという意味でもありますが、単品で見ても1本100円代は安いと言って良いでしょう。1本のインクで何枚の印刷ができるか、またその1枚の値段はと考えた時、そのコストパフォーマンスの良さが光ります。

低価格中品質から、低価格高品質へ

前述したように、互換インクは非常に安価です。その安さゆえに「そんなに安いと、すぐにだめになるんじゃないの」「安い分、なんだか不安」という方もいらっしゃると思います。そういった方にこそ、一度互換インクを利用して頂きたい。なぜなら互換インクは低価格中品質の時代から、低価格高品質の時代へと突入しているからです。仮にこれをお読みになっている方が「私は色の再現度が高い印刷に絶対的なこだわりがある」というのであれば、もしかすると互換インクには向かないかもしれません。しかし、日常的に暮らしていて、それほど色の再現度を気にしなければならないシーンはどれだけあるでしょうか。昨今そんな考え方が広まり、消費者の中でも、場面によるインクの使い分けの見直しが始まっています。少し近所にチラシを配りたい、企画の説明に少し印刷して提出したい。そんな時にこそ互換インクのコストパフォーマンスを思い出してみてください。チラシや少しの印刷に、100%の色の再現度は必要でしょうか。私なら、互換インクを利用して安く、また効率の良い印刷を選ぶと思います。もしも値段、品質の差を気にして悩んでいる方がいれば、是非一度お試しあれ。